トップ

高位結紮術での治療

女性に多い下肢静脈瘤とは?

下肢静脈瘤になる人と自己治療

特に30代から40代くらいの女性の方で、結婚後に出産を経験し、子どもがある程度大きくなってコンビニやスーパーなどのパートで家計を助けるという主婦の方は多いと思います。

そういった方の中には、慢性的に足のむくみを抱えているような方も少なくないでしょう。ただの足のむくみだと思って放っておいている方も多いと思いますが、実は気づかないうちに「下肢静脈瘤」という病気になっているということもあるので注意が必要です。
下肢静脈瘤を病院で治療するならこちら。

下肢静脈瘤は、圧倒的に女性に多い病気であり、統計的には女性の2人に1人が持っているというデータもあるほどの病気となっています。立ち仕事をしている方に加えて、座り仕事が多い方であっても、加齢によってこの病気に悩まされるという方も少なくありません。

命の危険があるような病気ではありませんが、慢性的なむくみや血行不良に悩まされる病気であるために、重症化している方の中には辛い症状を抱えることになる方もいらっしゃいます。

下肢静脈瘤は最初のうちこそ軽いむくみなどが続くだけの症状ですので、自己治療としてアロマテラピーやハーブ治療による症状の改善を期待することが出来ます。しかしそれでは根本的な病気の治療にならず、気づかないうちに重症化してしまうことも多いために病院で治療を行うことがベストだと言えるでしょう。

下肢静脈瘤が重症化してしまうと、立ち座りや歩いたりするといった通常の日常生活を送るのにも辛い状況となってしまいますので、特に立ち仕事の方で長時間むくみや血行不良の状態が続いているという場合には、可能な限り早めに病院に言って医師の診断を受けることが望ましいと言えるでしょう。