トップ / 再発予防に硬化療法を併用

高位結紮術での治療

再発予防に硬化療法を併用

高位結紮術後の硬化療法とは?

手軽な反面、下肢静脈瘤が再発してしまう可能性もある高位結紮術ですが、術後に「硬化療法」と呼ばれる治療法を行うことで再発する可能性を大幅に下げることが可能です。この硬化療法は、高位結紮術後の治療として不可欠なものとなっています。

硬化療法とは、足の静脈に硬化剤と呼ばれる薬を注入し、静脈瘤をつぶしてしまう治療法となっています。弁が壊れてしまい、血が流れなくなってしまった静脈を硬化させるため、硬化剤を注入するデメリットは全くなく、さらに患者の体力的な負担もほとんどないのが特徴の治療法となっています。

硬化療法は、高位結紮術によって取り切れない細い不全穿通枝を治療することが出来るため、足から再発のリスクとなる部分を消し去ることが出来る治療法です。大きな静脈の不全は高位結紮術で治癒し、小さな静脈の不全は硬化療法で治癒する、という方法がこの病気の治療のスタンダードとなっています。

仮に高位結紮術と硬化療法のどちらか一つだけを行って症状の改善を試みたとしても、下肢静脈瘤は大伏在静脈や小伏在静脈どちらに逆流が生じた場合でも発生してしまうため、どちらかだけをつぶす片方だけの治療では再発防止において不完全です。そのため、必ずこの二つの治療法の併用が不可欠になってくるということが言えるでしょう。

どちらの治療法も患者の体力の消耗は最小限で済むものとなっており、術後や治療後にすぐに日常生活を送ることが出来るのが最大のメリットだと言えます。

足のむくみしか症状がなく、我慢していれば大丈夫と思っている方も多いかと思いますが、症状が進んでいくと我慢しきれない状況になってしまうのが下肢静脈瘤です。慢性的な足のむくみを覚えている方はぜひ一度、病院で診察を受けてみてはいかがでしょうか。